CROWN MANIAX TOKYO

Vintage Days

- CROWN MANIAX ブログ -

Report : VRA GTG Bali 2016

2016.12.08 Thu 2,068views

先日、お休みをいただいてVRA GTG Bali 2016に参加してきました。

このイベントはインドネシアのVRコレクターが中心になって組織されている、Vintage Rolex Asylumが主催した世界規模のイベントです。各国の有名コレクターやディーラー、ショップオーナー、オークショナーたち約80名が集まりました。

いや〜凄かったですよ。

そして、アジア人が多いせいかもしれませんが、みんな若かった!! 特にインドネシアやシンガポールのコレクターたちはパワフルで熱狂的な気がしました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-06-21-40-04 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-15-55-22 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-06-21-40-30

 

会場となったのはバリ島南部のリゾートホテル。雨期だったこともあり、天候には恵まれませんでしたが、それでも南国特有のゆったりしたムードの中、心地の良い時間を過ごせました。

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-06-21-40-43 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-06-21-41-00

もちろん時計も凄いのがたくさん集まりましたよ〜。

既にインスタグラムで上がっているものもありますが、以下にて紹介していきましょう!

 

いきなり初日のディナーで隣に座った、オジサンが見せてくれたのがこちら。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-03-19-52-23

超ツヤツヤのサブマリーナ6538 ブラウン!!これって。。。先日のオークションに出ていたヤツでは?

そうなんです。その隣のオジサンこそが、かのマウリツィオーネ デ シモーネ氏。ウォッチインローマのオーナー様だったんです。

5千万だか6千万だかで落札されて話題になった実物の時計がここで見られるなんて!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-16-41-35

そして逆サイドのお隣に座ったイタリア紳士の腕にはゴールドのポールニューマン。これまたかなりのクオリティでビックリ。

着けていたのはオンリービンテージの番頭、ルカ氏でございました。

いきなりイタリアの超有名店2軒の方々に挟まれるというラッキーに恵まれちゃいました。

今回のイベントではカスタム(税関)とセキュリティの問題から、持ち込みは10本以下にせよと主宰者側からやんわりと指示がありました。が、それでも会場には数百本のロレックスが集まるワケですからかなりの迫力です。

このペースで書いていくとかなり長くなってしまいそうなので、メインどころだけサクっと押さえていきますね。

まずはデイトナ/ポールニューマンたち。オイスターポールはもちろん全種類あるし、JPSも6241と6239の2種類が並んでおりました。世界に4本とも3本とも言われているプロトタイプも現物を見ることができました。その珍しさゆえに色々と言われがちなプロトタイプですが、こういう場では素直に楽しむのが良いですね。実物はホントに魅力的な個体でしたよ。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-03-20-40-22%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-16-13-34%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-16-13-37 %e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-15-58-31  

さてお次は僕も大好きな369サブコーナーを見みましょう。ここもまさに宝の山!珍しいはずの5513 Exproler が普通に何本も並んでいるなんて感動を通りこして、なんだか不思議な感じがしてしまいました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-16-18-36%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-06-21-39-39%e2%88%92%e3%80%80

ドットサークルのタイプから、アンダーバーのスイスオンリー、SWISSがT25<で挟まれたトランジショナルなタイプ、さらに後期のシンプソン系までサブのエクスプローラーダイヤルがほぼ全種類ありました。そういえばサークルだけ無かったな。個別の写真は撮らせてもらえませんでしたが、6538のエクスプローラーダイヤルのオーストラリア軍用があって、痺れるほどカッコ良かったです。軍サブもかなりの数見られました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-16-14-06%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-06-21-39-30

GMTに関しては数が多すぎて・・・把握できない状況でした。やはり人気はマキシのアンダーバーとか、ダブルスイスなどのレア系に集中。サークルミラーも人気で特にブラウンは羨望の的になっておりました。意外に少なかったのは、1675のゴールド。特にリューズガード無しは数本しか見かけませんでした。今後、ゴールド熱が高まっていけば人気が再燃する可能性もありそうですね。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-16-20-15%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-15-58-51%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-14-27-30%e2%88%922

そしてこんな変わり種も!このベゼルはいったい!?surprisesurprisesurprise凄すぎてついて行けないレベルっす。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-14-28-43

なんでも、その昔イエメンで富豪が数本だけロレックスにオーダーしたものだとか。真贋はともかく面白い時計なのは間違いありませんね。こんなのを見られること自体がラッキーなのかもしれません。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-03-20-20-47

そういえば、ミルガウスはあまり見ませんでしたね。といっても4〜5本はありました。やはり回転ベゼルでコンディションの良いものだけが動いているとのこと。個人的にはビカビカのものよりもある程度痛んでいるぐらいのほうが好きなんですけどね。本来アンティークの良さはそこにある気もするのですが・・・。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-15-59-05%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-12-04-16-15-11

今回のイベントではあまり見かけませんでしたが、僕の大好物でもあるエクスプローラー1や6239のトロピカルなどもちらほら。インスタグラムのおかけで色々なレアモデルの写真を見られるようになりましたが、実物を見てみるとやっぱり写真とは違うんですよね。塗装の質感だったり、ダイヤルの光沢感など、案外写真で伝わらないことも多いんです。

正直に告白するとインスタを見過ぎたせいか最初にパッションミーティングに行った時ほどの興奮はありませんでした。が、じっくりと良質なヴィンテージロレックスを見る時間をいただき、あらためて時計熱が再燃いたしました。やっぱりヴィンテージロレックスって最高ですw

 

最後に、、、今回のGTGをオーガナイズしていたインドネシアのコレクター、ヘンドラとロニー、彼らの仲間たちにも最大級の賛辞を送りたいです。昨年のパッションミーティングでロニーと会ってから1年ちょっと。彼らのイベントへの熱量は相当なものでした。

ホテルのスペシャルレートを用意するところから始まり、イベント会場のセッティング、移動のバスの手配、ガードマン手配など、かなりの時間を割いて計画してくれたはずです。記念のシャツやマグカップ、トートバッグなど心のこもったお土産からも、彼ら流のもてなしの心を強く感じました。

ヨーロッパやアメリカではなく、アジアの小島に世界中からゲストを招くという前代未聞の取り組みです。主宰者としてはかなりプレッシャーもあったはず。そんな中でもきっちりとみんなが楽しめるイベントをつくり上げたんですから、本当に頭が下がります。

最後の晩餐でヘンドラが言いました。「みんなが参加してくれてホントに嬉しいよ。ロニーなんて金曜の夜から感動して泣いていたんだ」と。冗談っぽく言っていましたが、たぶんけっこうホントなんだと思います。なんだか僕も胸が熱くなりました。

ホントに良いイベントでした。

 

追伸

問題は、ヘンドラが「次は日本で開催してね!箱根でやってほしい!」とマジで言ってきたこと。勢いに押されて「やってみるよ」なんて言っちゃったけど、みんな参加してくれるのかな〜。困った。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

Category

Access Ranking