CROWN MANIAX TOKYO

Vintage Days

- CROWN MANIAX ブログ -

Canadian Explorer

2016.11.19 Sat 2,071views

 先日、知り合いと電話で話をしていたら「カナディアン エクスプローラーとか、欲しいですね〜!」とのこと。なるほど。あれね。カナディアン エクスプローラーね。と言いつつ話を進めるものの、どうにも会話が噛み合わない。あれー??っと思いながら、お互いなんとなく笑って電話を切った。

 

・・・・・・チミが言ってる

カナディアン エクスプローラー

ってなんだ!?

 

というワケで早速ググってみることにした。Canadian Explorer っと。

 

alexander_mackenzie_by_thomas_lawrence_c-1800

誰?(^^;)

 

冗談はさておき、数は少ないながらもいくつか画像を拾うことができました。

画像はインスタグラムから使わせていただいております。

(@ebizaemon様他、画像を拝借させていただき感謝です)

 

カナディアン エクスプローラーはいわゆるエクスプロラー1のバリエーションで、主に北米市場、カナダでよく見られる時計のこと。ドレスエクスプローラーとも呼ばれていますよね。

色々調べてみても定義はそれほど定まっていないようで、エクスプローラー1と違うダイヤルにExplorerの文字が入っているとカナディアン エクスプローラーと呼ばれているようですね。


%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-0-06-35

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-1-05-01

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-2-49-38

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-0-25-08

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-3-51-09

古いほうから言うと6098、6150、そして6298、6350などのレフでよく見かけます。

黒ミラーとパウダー、テクスチャーダイヤルなどがありバリエーションはかなり豊富。

50年代前半に集中しています。

このあたりの年式は面白いですよね〜。

セミバブルバックの大きめサイズで、

厚みがあるせいか腕に載せるとサイズ以上の迫力がある。

着けていて、満足感が高そうじゃないですか?

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-11-17-0-09-22

で、60年前後にもカナディアン エクスプローラーと呼ばれるモデルが再び出てきます。

それがRef.5501。エアキングとの共通レフ。

面白いことに、この年式でありながら

なぜかギョーシェダイヤルで出てくるんですよ。

・・・ロレックス、意味わかんないっす(^^)

 

デイトジャストなどのドレス系も既にミラーに切り替わっているし、

手巻きでもこの年式のギョーシェは見かけません。

あ、でもチュードルにはあるかも。

なーんで、このモデルだけギョーシェにしたんでしょうね?

カナダではギョーシェが人気だったのでしょうか。

そう!冒頭の私の友人はこの5501のことを話していたんですね。

だから話が噛み合わなかったんです。

 

それにしても、こうやって見ると

6098、6298あたりのカナディアン エクスプローラーは良いですね。

個人的に欲しいかも。

 

どなたか手放す予定がある方は、ぜひ教えてください。


<(_ _)>よろしくお願いします。

 

 

 

 

Category

Access Ranking